Warning: Creating default object from empty value in /home/nextir35/rekishi.xyz/public_html/wp-content/plugins/accelerated-mobile-pages/includes/options/redux-core/inc/class.redux_filesystem.php on line 29
シオンの議定書(第八議定書)

第八議定書

我々は敵が我々に向かって使いそうな同じ武器を備えなければならぬ。我々が法律用語を使う時には法律辞典の中の最も曖昧な最もこみいった言葉を選んで置いて、問題が起こった場合に、極めて大胆なかつ不正だと見える処置を取らなければならない時にもそれが正当に解釈されるようにするのである。なぜなれば、そのような決定を言い表すには力強くして、人民の眼にはそれがいかにも甚だ道徳的な、公正な、間違いのないものに見えることが必要であるからだ。

我々の政権はその勢力範囲内のあらゆる力で取り巻かれなければならぬ。政府は新聞記者、弁護士、行政官、外交官その他近代の専門学校で我々が養成した人々から成り立たなければならぬ。

これらの人たちは社会生活の内幕を知り、政治辞典に集まってる言葉は何でも使いこなし得る。彼らは人間の裏面と最も感じやすい糸を知り抜き、どの糸に触れなければ動かないかを承知している。それらの糸というのがゴイムの脳髄を作っていて、彼らの善悪の性質、趣向、不徳義、種族や階級の特質などを指すのである。これらの賢い我々の陣営の相談役にはゴイムを選んできてはいけないことはもちろんである。彼らは行政をやるのにどういう結果が生ずるか、その結果は何を目的とするかも知らずに唯執務する癖がある。ゴイムの行政官は書類に眼を通さずにめくら判を捺し、唯金や名誉が欲しさに勤務している。

我々は経済学者の陣営をもって我々の政府を取り巻くのである。これすなわち経済学がユダヤ人教育の主なる課目である所以である。我々の廻りには数千の銀行家、商売人がおり、なお最も大事なことは百万長者がいることである。なぜならば実際上金が万事を解決するからである。

まだ今では目に立つ政府の要職にユダヤ人兄弟を据えるのは適当でないから、その時機の来るまで我々は他の人間で国民との間に溝の出来ている人物を据える。また我々の言うことを聴かなくなれば、必然これを処刑し、または放逐しうる人物を持ってくる。そうすれば彼らに最後の息を引き取るまで我々の利益を防護させ得るのである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする