Warning: Creating default object from empty value in /home/nextir35/rekishi.xyz/public_html/wp-content/plugins/accelerated-mobile-pages/includes/options/redux-core/inc/class.redux_filesystem.php on line 29
シオンの議定書(第一議定書)

第一議定書

難しい言葉の言い回し方などに拘泥せずに、思想の本質を全部検討してみよう。そして比較と推理とを用いて事情を明らかにしようではないか。

私はこういう行き方で、一面自分を我々ユダヤ人の立場に置き、他面自分をゴイの立場に置いて、我々のやり方を明らかにしてみるつもりである。

世の中には低級な考えの人が多くて、高尚な考えの人は少ないことを忘れてはならぬ。であるから政治も最もよい方法は強圧と恐怖とで行くのであって、学説の論議などではいかぬ。誰もが権力が欲しい。誰もができるなら独裁者になりたいので、実に個人の利益をとるためには公益をも犠牲にして顧みないものばかりである。

昔から人間と名づける野獣を押さえてきたのは何であったか。人類社会の原始時代には盲目的暴力であった。その後は法律であったが、法律とても外見の違った暴力にほかならないのである。ゆえに自然の法則から推論すると権利は力の中に存すと言えるのである。

政治的自由というものは理想であって、現実ではない。しかし現に政権をとっているものを倒そうと思えば、民衆を誘惑してその力を自分の党に引き付ける必要が起こるから、理想に過ぎないその政治的自由をも働かせることが出来なければならぬ、そうすれば、倒そうと思う反対党が自由主義という自由の思想に立って政権を把握している場合に仕事は一層容易に出来る。我々の学説が勝利を占めるのはまさに左様な時である。政権の手綱が手放されると、自然の法則通り必ず新たな手がすぐにこれをつかまえる。それは盲目的民衆は一日も指導者が無くてはいられないからである。新しい政権は自由主義で弱められた古い政権に取って代わるだけである。

今日においては金の力が自由主義の権力に代わってきた。昔は信仰がシッカリ支配した時代もあった。が自由という考えでは物は適確にはきまらない、なぜなれば、自由を適度に使うということはいかなる人にも出来ないからである。ある期間人民に自ら支配することを許して見ると、彼らは腐敗する。その時から尖鋭な競争が起こって、やがて社会闘争までに展開して来、ついには国家は火焔に包まれ、その権威は灰燼に帰してしまう。

国家が内部欠陥のために弱められるにせよ、内乱に乗ずる外敵に利せられるにせよ、最早恢復の途なき没落のほかはない。やがて我々ユダヤの権力下にはいるのである。即ち、資本が全然我々の独裁下にあるのでこれを投げると、溺れるものが投げられた板にしがみつく様に、いやおうなしにこれに飛びついて全滅を免れようとするのである。

諸君の中には自由主義的の考え方から、私のかかる提案を悪辣、不道徳と評するものがあるかもしれないが、これに対しては私は次のごとく答える、

国家には内敵外敵の二つの敵がある、そして外敵に対してはいかなる対敵手段を用いても、それは正当であって、不道徳とは認められない、例えば敵に我が攻撃計画を悟らしめないために夜襲をかけるし、優勢な兵力で急襲したりする。しかるに外敵よりもむしろ一層悪質の敵すなわち秩序の紊乱者、安寧の妨害者に対し同じ方法を用ゆることがなぜ不道徳と認められるかと。

群集の心は常に物の表面だけしかわからない。そんな群集を吸い込むような矛盾、不理屈の穴があいている所で、本当の理屈をこねたり主張を述べてみて、彼らを指導することがどうしてできるか、人民は下層民であると否とにかかわらず、常に唯々浮き浮きした感情や迷信や風習や伝統や、感傷的理論に引きづられているから、党派の軋轢の中に巻き込まれるのである。その軋轢というのは如何に賢明な理論から出来上がっている調停案でも、すべてその妥協の可能性を破壊するのである。下層民の決議というのはすべて偶然か表向こうの多数によるのだが、それは政治の秘密を知らないために不条理な決議をし、政府の中に無政府の芽を持ち込んでいるのである。

政治は道徳とは何らの関係がない。道徳に基づいて政治をする人は練達の政治家ではない、したがって永く政権を保つことはできない。政治をしようとする人は欺瞞と偽善とを用いなければならぬ。民間の大徳目であるところの正直と率直とは政治においては不徳である。なぜなればこの徳目は強い政敵よりも一層確実、容易にその政府を倒してしまうからである。これらの道徳はゴイ国家の持ち前のものであって我々は決してこれを模範としてはならぬ。

我々の権利は力の中にある。権利という言葉は抽象的の概念であってなんら具体的のものでない、これは唯次のことを意味するだけだ。

僕は君より強いということを証明するために僕が欲しいものを寄越せ。

権利は何に始まって、何に終わるか。薄弱な組織を持つ国家で法律があまり行われず、政府が自由の権利を与えて権威を失った国には、新たな権利が発見出来る。新しい権利があらゆる制度と秩序を壊し、法律を軽視し、あらゆる制度を変革して、今まで維持してきた権利を、自由意志で、我々ユダヤ人の利益のために放棄するのである。

現今すべての政治勢力が不安定である中に、我々の力はほかのいかなる力よりも危なげがない。それはその力がいかなる技術をもってしてもこれを倒せない程に根を張ってしまうまでは外に現れないからである。

我々が今用いなければならない一時的の悪政から、確固たる善政が生まれ出て、現在では自由主義によって中絶されている人民生活の機能を、普通に運用できる様に恢復するであろう。目的がよければ手段は選ばないのだ。我々の計画を立てるにあたっては、善いこととか道徳的とかいうことよりも、必要であるとか有用であるとかいうことを主として考えなければならぬ。我々が眼前に持つ計画というのは、それに戦略的の線が描かれていて、それから外れることは出来ないのだ、その線から外れるならば幾世紀かの仕事は一空に帰するおそれがあるからだ。

我々の実行計画を研究するには、下層民の卑劣なこと、動揺性のあること、軽薄なこと、安寧幸福の条件を評価したり尊重したり、することの出来ないことを、考慮の中に置かなければならぬ。また民衆の力というものは盲目的で衝動的であり、判断力がなく、一方からも他の方からも引きづられることを知らなければならぬ。盲人が盲人を導くことは、両方共深淵に落ち込むおそれがあるからいけない。故に人民から選ばれて群集の代表となった人たちが天才的の人でも、政治に無能であって、下層民を指導するならば国民全部を亡ぼすことになるであろう。

幼少の時から専制政治の訓練を受けたものだけが政治の秘訣を了解することが出来る。

自治を委ねられた国民すなわち国民の各層から出た首領にまかされた国民というものは、政権欲、名誉欲から起こった政党政派の争いによって凋落し、これによって国内の動揺と混乱が生まれ出る。民衆が競争や個人的利害を度外視して国政を指導出来るものであろうか?彼らが敵に対抗する能力があるであろうか?それは不可能である、なぜなれば、群集の中に違った意見のある通りに、計画案が分裂して統一が欠け、訳のわからない実行不可能なものになるからだ。

ただ専制政治家の立てる計画だけが簡単で明瞭で、政治機能をすべて調整できるのである。であるから国家に最も有益なる政府というものは、責任を負う一人のものに集中されなければならぬ、文明は絶対専制のほかにはあり得ない、何となれば政府は大衆によって指導されるのではなくて、その首長によって指導せられるからである。野蛮な群集はいかなる機会にも野蛮性を発揮する。下層民が自由を獲得するとたちまちこれを無政府状態に変形してしまう、この無政府状態は野蛮の絶頂である。

アルコールに浸ったり、酒で馬鹿になった獣類(注ゴイを指す)を見よ、自由が彼らに無制限の飲酒を許さしたのだ。もちろん諸君は我々ユダヤ民族にかくのごとき教育を与えることは出来ぬ。ゴイムは強い酒で馬鹿になった、彼らの若者は過度な古典研究をしたり、我々猶太の手先の手に乗って、色々不良のことをやって精神欠陥をきたすのである、手先としては富豪の邸宅における家庭教師、婢僕、家政婦などで、そのほかゴイムの娯楽場にいる女などである。これらの婦人の中にはいわゆる社会婦人もはいるので、ゴイムの相手となって不徳や贅沢に忙しいのだ。

我等の標語は力と偽善である。政治では力だけが勝つのである、力が政界人に必要な才智の中に隠されている場合にはことに然りである。強圧政治が根本原則であって、新政権の手先に屈服しまいとする政権に対しては、偽善と奸計とを用いるのが通則である。そんな悪は善事を為さんとする唯一の手段に過ぎない。それであるから、我々は我々の目的達成の為に、腐敗手段や反逆が役立つ場合にはこれを用ゆるに躊躇してはならぬ。政治上では相手を屈服させその権力を奪取するためには、他人の財産を奪い取ることを遠慮してはならぬ。

戦争の惨禍を招かず、もっと目立たずに有効な死刑の宣告をもってこれに代えて、平和的征服の必要に応ずることも出来る、すなわちこれで恐怖を続けて人民を盲従せしめるのである。我々はなお強圧と偽善の政策を持続せねばならぬ、それはただにこれが我々に有利というばかりでなく、これは我々の義務であり、これによって我々は勝利を獲られるからである。

打算を基礎とする主義はその用ゆる方法と同様に効果的である。故に我々はただにこれらの手段によるばかりでなく厳正な主義によって、勝利を獲、すべての政権を我々の超政府に切り従えるであろう。

古代において真っ先に自由、平等、友愛を民衆に投げたのは我々ユダヤ人である、この標語はその好餌に向かって駆けつける不真面目な鸚鵡どもによっていやになる程繰り返されて世界の繁栄と、以前は下層民の猛威に対してよく保護されていた真の個人的自由を破壊し去った。教養あり才智ありと称するゴイムも、この三標語の間に隠れたる矛盾のあることに気が付かなかった。彼らは自然には平等の存立しないことや自由のあり得ないことに注意しなかった。自然は人々の精神や気質や能力等を不平等にし、これを全く天然法則に従わせているからだ。彼らは群集の力は盲目的であるこにを見なかったし、彼らの仲間から選んで彼らを支配することを頼んだ選良も、また彼ら同様に政治には盲目であることを知らなかった、ただ政治の奥義を授けられたものは馬鹿でも統治が出来るし、奥義を授けられないものは天才的の人物でも政治のことは皆判らないのだがゴイムにはそれが、一切見逃されている。

しかし長い間王朝政治はその原則に従って、父から子に政治変転の秘密を相伝して来たから、王室の者だけがこの秘密を知り、統治されている人民には誰にも知らされなかった。その後真の政治原則を一子相伝する意義が次第に失われて来たので、我々の成功に都合が良くなってきた。

地球上到るところに自由、平等、友愛の標語が我々の何も判らぬ旗持ち人足の熱心な努力で、莫大な人間を我々ユダヤの陣営に引き入れた。しかしこの標語はゴイムの繁栄をむしばみ、到るところ平和、安寧、協同一致を破壊し、国家の基礎を転覆しようとした害虫である。この状態がいかに我々の勝利に役立ったことがわかるであろう。すなわちこんな風で我々に幾多の有利なこともあったが、なかんずく第一の切り札を与えたのは、特権廃止換言すればゴイムの貴族政治の本質を破壊しこれによって我々に対する唯一の国家、国民の保護者を無くしたことである。

自然的世襲的の貴族政治を倒した廃墟の跡へ、我々が我々の知識階級の貴族政治を打ちたてた、それが金権貴族政治である。我々はこの新貴族政治を富と名づけ、我々と、我々の賢人達が説明する科学とに従属させるのである。

我々の勝利を一層容易ならしめたものがある。それは我々に必要欠くべからざる人々との交際によって人間の最も感じやすい心の琴線に触れたすなわち貪欲、飽くなき個人主義的欲望を動かさしたのだ。これら人間の弱点はいずれも人間の独創の精神を殺してしまって、人々の意向を、彼らに金を出してやる人々の思うままにさせるようになるのである。

自由という空疎な観念が民衆にこう考えさせるようになった、統治者というものは国家の所有者すなわち人民を代表する管理者に過ぎない、したがって使い古しの手袋のように自由に取り替えられるものであると。

かくのごとく人民の代表者は取り替え得るものだということが、我々の権力に引き渡したことになるので、実際上我々が任命の特権を握ることになるのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする