Warning: Creating default object from empty value in /home/nextir35/rekishi.xyz/public_html/wp-content/plugins/accelerated-mobile-pages/includes/options/redux-core/inc/class.redux_filesystem.php on line 29
シオンの議定書(第十三議定書)

第十三議定書

日常のパンの問題はゴイムをして黙々として我々の従順な僕に甘んぜしめるに至った。彼らの中から我々の新聞に使うために優秀な手先を選んだが、我々が公文書で明らさまに説明するのは、都合の悪い問題が起こる度ごとに、その手先が我々が発表を命じた事を論ずるのである。彼らが盛んに論戦をしている間に我々が考えた規則を発布してこれを規制の事実として人民に示すと、それは万民の運命を改善するための処置だとして示す限り、何人もかくして発布された法令を撤回せよと要求するものは無い。

新聞は既にこの時には新しい問題を取り上げて一般の注意をその方に引きつける。我々が長い間民衆を絶えず新しい感覚を求める方へと馴らして来たことは周知のことである。愚かな「運命の人たち」は彼らが議論しているという問題についてどれだけ無知だかを了解しなかったし、今尚了解していない癖に、この新問題についておしゃべりすることに急である。もう一度繰り返すが、政治問題は唯これを作ってこれを幾世紀以来深く研究してきた人でなければ理解し得ないのである。

これまでの事から諸君には既に明らかであろう、人民の世論を導くためには我々の機関の働きをよくするだけで足りるのである。また諸君は我々が我々の行為では無い、言説に賛同させるように努力していることを了解せられるであろう。我々は常に、我々の政策は、一般の幸福に役立つことの希望と確信をもって方針としていることを声明している。

常に動揺している民衆が政治問題を論ずるのを防止する為に、我々は別の飼料として商工業の問題を与えた。この問題ならば彼らがどれだけでも騒いでもよろしい。大衆を政治問題から離れていることに同意させるには他の楽しみを与えなければならぬ。すなわち例えば政治問題の様に取り扱わせる商業などである。元々我々自身がゴイムの政府に対する我々の政戦において、大衆の支援を得るために彼らを連れてきたのであった。

彼らが独立的に何らの決議をしない様にカルタ、見せ物、遊び場等の娯楽をもって慰めるのである。その内我々は新聞の仲介によって、美術、各種スポーツの範囲で優勝者の奨励を行うことを始める。これらの娯楽は、我々が人民と争わなければならない政治問題から徹底的に民衆を方向転換させる。民衆が次第に自由に考える習慣を失ったならば我々と結ぶことを考え始めるに違いない。何となれば我々だけが、表面無関係な人々を仲介として、彼らに新しく考え得べき事柄を提供するからである。

我々の政府が承認されると自由主義空想論者の役割は終わるのである。それまでは彼らは大変に我々の為に役立つのである。我々は、彼らが進歩主義者と思うている空想理論の方へ彼らの思想を導いて来た。なぜなれば「進歩」という言葉をもって、我々は馬鹿げたゴイムの頭脳を転回させることに成功したのである。ゴイムの中にはこの言葉が物質上の発明に当てはまるほかは、単に虚偽な落とし穴を覆うものだということの判る頭脳を持った人間が居ないのである。もとより真理は一つしか無いから進歩の入り込む余地はないのだ。進歩は誤った構想であるから、神の選民たる我々だけが知っていなければならぬ真理を覆い隠すのに役立つのである、我々はその真理の番人だから我々だけ知らなければならぬ。

我々の征服が出来上がったならば、我々の弁士は人類をごたつかせた大問題を論議しこれをついに我々の神聖なる律法の下に持ち帰るであろう。その時になったならば、今までの全ての問題は幾世紀に渡って何人にも暴露されなかった政策に基づいて、我々が提出したのであったことを疑うものは一人も無いであろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする