Warning: Creating default object from empty value in /home/nextir35/rekishi.xyz/public_html/wp-content/plugins/accelerated-mobile-pages/includes/options/redux-core/inc/class.redux_filesystem.php on line 29
シオンの議定書(第九議定書)

第九議定書

我々の主張を実行に移していくには、我々が現に居住し、活動している国々の民情を顧慮しなければならぬ。なぜならばすべての国々に一律に我々の原則を当てはめようとしても、それはいつでも成功するとは限らないからである。しかるに慎重に行動すれば十年も経過すると、最も頑強な民族性も変化して既に我々に屈服している仲間の一国となるであろう。

我々が政権を取ったならば、我々のフリーメーソン標語自由、平等、友愛を改正して自由の権利、平等の義務、友愛の思想とする、角をつかんで牡牛を押さえるようなものだ。実際上我々以外の諸国の政府は壊してしまったが、法律上はまだ存在している。現今では我々に反抗する政府もあるが、それは我々の希望によってまた我々の命令によって形式上やっているのである。なぜなれば、反ユダヤ主義はこれによって我々が下層のユダヤ人を監視するために必要があるからである。このことについては既に幾多の論議が重ねられてあるから、これ以上述べない。

実際において我々の前には障害は存在しない。我々の超政府は存在して、人が通常独裁という言葉で言い表している様な状態にあるのである。

私は現今において法律を作りつつある我々であり、我々が裁判官で人を罰したり、宥したりしていることを本心から語り得る。我々は言わば各軍の上に立つ総司令官の様なものである。我々は力によって支配している、それはかつて強力だった党派の残党も我々の掌中にあるからだ。我々の野心には際限は無い。我々は無慈悲の復讐に熱中し、深き怨みは燃えている。

世界的に広がり行く恐怖は我々から出ている。各種の意見、各様の学説を持った人々が我々の用を勤めている、すなわち帝政復興を夢見る人もあれば、民衆迎合の人もあり、共産主義者やその他の空想論者もある。我々はすべてこれらの人々を働かせて、皆現在の秩序を破壊し残存勢力を覆そうとしている。各国政府はこれで悩まされて、それを止めてくれと申し込んで、あらゆる代償を準備している。しかし我々は彼らが公然と我々の国際的超政権を認めこれに心服しない間は平和を与える訳には参らぬ。

民衆は既に国際協調によって社会問題を解決すべく要求しているのである。が彼らの党派が分立しているために全部彼らは我々の手に入った。なぜならば党派が対立抗争すると金が要るが、その金は全部我々が握っているからだ。

我々はゴイム政権の利口なのが、盲目的民衆と合同することは無いかと考えたが、かかることについては処置を講じた。その二つの勢力の中間に壁を作って、相互に恐れを懐かせることにした。それで民衆の盲目勢力は相変わらず我々を支援している。我々だけが彼らを導いて我々の目的の方へ向けている。

盲人の手が我々の指導から離れ去らないために、時々それら群集と密接な連絡を取る、それは我々自身でもやるが、また我々に最も忠誠な兄弟を仲介者としてもやる。我々の政権が公認となる場合には、我々自身公開の場所で群集に呼びかけるであろう、そして其の時には政治問題を必要な方面に論及するであろう。

田舎の学校の教育をいかに点検するかというと、それは容易である、というのは政府の代表者または首班自らが言うことは直に各国民に知れ、そして人民の声で伝播されるからである。

ゴイムの諸制度を過早に破壊しないために、我々はこれに軽く手をかけた、そしてその機械の発條を自由に動かすことができる。昔はその発條は秩序よく動いていたが、我々は自由主義によってこれを改造して不規則なものにした。我々は訴訟手続や、選挙法や、新聞紙法や、個人自由の問題に、尚もっと大事な自由生活の基礎たる教育問題に手を付けた。

我々は嘘であると知っている原理原則を教えてゴイムの青年を欺き、腐敗させ、魯鈍にし、風紀を頽廃させた。

現行法律の内容は変えないが、反対の解釈を行って条文の本質を歪曲し、驚くべき成績を挙げた。その結果は我々の解釈が法律の真意を覆うて、これにより政府もそんなに混乱した法典は解明することが不可能になった程に判りにくいものとなった。それからは、法文は文字に拘泥せず、その精神によって解釈するという学説が生まれ出てきた。

諸君は我々の計画が過早に暴露したならば、武装暴動が我々に向けて蜂起することを考えるかもしれぬ。しかしこれに備えるために西欧においては、最も勇敢な人でも戦慄するような恐怖手段を準備した。すべての首府には地下鉄道や隧道が設けられ、それらの所から、世界の首都を建物や書類諸共爆破してしまうであろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする