Warning: Creating default object from empty value in /home/nextir35/rekishi.xyz/public_html/wp-content/plugins/accelerated-mobile-pages/includes/options/redux-core/inc/class.redux_filesystem.php on line 29
シオンの議定書(第四議定書)

第四議定書

共和国の出来上がるまでにはいずれも三つの過程を経ている、第一に盲人の動き出した初めの馬鹿げた有様で、右や左の壁に行き当たる。第二は民衆煽動の時代で、これは無政府状態を作り出し必然的に独裁になってくる、その独裁は合法的の公明な責任者のあるものではなくて、幽玄な、隠れたものであるが、それだからと言うて弱体という訳ではない、それは色々な手先の庇護の下に楽屋で地味に働く秘密組織が活躍するからである。その手先は度々取り替えるので却って秘密組織には都合がよろしい、そうでないと長い間の勤勉に対してこれを報ゆるに色々面倒である。

しからば誰が、何物がそんな見えない政権を形付け得られるか、これが我々の政権の特色である、外部のフリーメーソンすなわちゴイムを入れてあるフリーメーソンは、本当の秘密政権を隠匿する屏風であり、目的を判らなくする面である。秘密政権の計画やその本当の所在は常に人民には判らないようにしてある。

自由は、それが神の信仰と人類愛の信念を説くだけにとどまるならば、人民の安寧幸福になんら害を与えないから、国家の政綱に入れておいても差し支えないのであるが、平等論は服従を要求する天然法別に反するから、これより切り離されなければならぬ。

信仰があれば人民は宗教管区の幹部に率いられ精神的指導者の下に、神の地上に打ち建てた法則にしたがって安穏に繁栄していけるのである。それであるから、我々はゴイムの精神からあらゆる信仰を破壊し、神の観念をも抜き取ってしまって、これに代ゆるに数学の計算と物質の欲求をもってしなければならぬ。

ゴイムに物を考えたり観察したりする暇を与えないように、これを商工業の方に引き付けなければならぬ。それで各国民は自分の個人的利益に没頭してしまって、共同の敵に注意を払わなくなる。しかして自由がついにゴイムの社会に仕掛けをしてこれを亡ぼすことが出来るようにするには、投機を工業の基礎にしなければならぬ。そうすると地面から取り出す富が投機によって我々ユダヤの金庫の中へ転々として来るのである。

他人よりも優越を占めようとして盛んにやる闘争と、事業界における不断の投機とは道徳も人情もない社会を作り、その社会は宗教にも政治にも無関心どころではなく、むしろ嫌気もさしてきて、ただ金を儲けることが唯一の指針となり、これを集めるためにあらゆる努力をする。それだけが物質上の楽しみで拝金宗となってしまう。そこでゴイムの下層民は我々の競争相手たる特権ゴイムに反対して、我々に結びついて来る、それは別に高尚な目的を主張するためでもなく又金が欲しいからでもない、唯単に上層階級に対する反感からである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする